• CSRへの取り組み

    品質管理 環境保全活動 環境負荷低減活動 リサイクル 地域貢献 サスティナビリティー
    (日本コカ・コーラ株式会社のサイトへ)

    信州・北陸限定デザイン缶新発売 ジョージアを飲んで億万長者のチャンス
    自動販売機 い・ろ・は・す (I LOHAS) コカ・コーラについてもっと知りたい方はこちらをクリック (日本コカ・コーラ株式会社サイトへ)
  • 環境負荷低減活動 Environmental Activities 

    製造

    ゼロ・エミッションに向けた取り組み

    砺波工場では、工場の燃料は大気を汚染する物質の少ないLPガスを使用しています。また、工場内の省エネにも努め、廃棄物排出ゼロに向けて積極的に取り組んでいます。製造工程から排出されるコーヒーの残さ・茶かすは堆肥(土壌改良材)として、紙の梱包材は再生段ボール原料として有効活用しています。

    • 砺波工場敷地内に設置されたLPガスタンク砺波工場敷地内に設置されたLPガスタンク
    • 左:土壌改良材 右:再生段ボール原料左:土壌改良材 右:再生段ボール原料

    水資源管理の徹底と循環利用

    • 庄川水系の良質な地下水に恵まれた砺波工場では、水使用量を徹底管理するとともに、製品殺菌工程で使用した温水を冷却して再利用する「冷却水節水システム」を導入し、水を循環利用しています。再利用される水は最終的に微生物を使う「活性汚泥法」で処理、環境への負荷が少ない方法で河川に放流します。水質汚濁防止法や条例の遵守はもちろん、より厳しい自主基準を設定して排水量を削減し、よりきれいな水を自然に返せるよう努めています。
    • 冷却水節水システム冷却水節水システム

    ページトップへ

    物流・輸送

    物流の効率化と低公害車両の導入

    • 物流拠点の集約および物流ルートの見直しによる納品物流と販売物流の効率化に取り組んでいます。また、車輌の環境負荷低減に向けエコドライブの推進、低公害車両の導入を進め、物流効率化と使用車輌の両面でCO2削減の取り組みを進めています。
    • ハイブリッド車両ハイブリッド車両

    物流倉庫の省エネ対策

    • 倉庫内の照明は、これまでの水銀灯やナトリウムランプから省電力で高効率なセラミックメタルハライドランプに切り替えました。インバーター制御による、省エネルギー化も図っています。
    • 北陸ロジスティクス株式会社の倉庫内北陸ロジスティクス株式会社の倉庫内

    ページトップへ

    販売

    再生PET素材の活用

    使用済みのPETボトルは、家庭や販売店などから回収された後、リサイクル工場で資源化され、さまざまな製品に生まれ変わります。
    北陸コカ・コーラグループは、一丸となって再生PET素材の使用を推進しています。工場で着用するユニフォームをはじめ、容器回収ボックスへの採用など、さまざまな場面で再生PET素材を積極的に活用しています。

    • 営業用ユニフォーム(60%)営業用ユニフォーム(60%)
    • 営業用ブレザー(70%)営業用ブレザー(70%)
    • 空容器分別回収ボックス(70%)空容器分別回収ボックス(70%)
    ※( )内は再生PET素材使用率です。

    ページトップへ