CSRへの取り組み

環境保全活動

  • SDGs
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 海の豊かさも守ろう

北陸コカ・コーラグループ 環境方針

基本理念

私たちは企業の活動が地域社会および地球環境と深く関わっていることを認識し、企業と地域社会、消費者との相互信頼のもとに地域社会の環境保全を図りながら、自らも循環型社会の構築に向けて活力ある企業活動が展開できるよう「良き企業市民」として行動します。

行動指針

「私たちは、環境を大切にし、活力ある地域社会に貢献します。」をスローガンに、以下の活動項目に取り組みます。
1
北陸コカ・コーラグループは「コカ・コーラ」をはじめとする清涼飲料製品の製造・販売活動による環境に与える影響を認識し、資源の有効利用・節約・リサイクルを目的としたシステムの確立と継続的な改善を図ります。
2
環境関連の法律、規制、条例などを遵守し、必要に応じて自主基準を設けて一層の環境保全に取り組みます。
3
製造・販売関連資材および事務用品その他の購入において、環境保全性、資源保護、再生化に優れた資材・製品の購入に努めます。
4
企業活動、製品またはサービスの提供において、省資源、省エネルギーや環境保全に優れた技術・方法の導入に努めることにより、資源の有効利用と廃棄物の減少を図ります。
5
資源の有効利用・節約・リサイクルを図るため、環境目的および目標を定め、その実現に向けて全社員で活動します。また、環境目的および目標を定期的に見直します。
6
全社員に対して環境教育、社内広報活動などを行い、環境方針の理解と意識向上を図ります。

水資源保護

ウォーター・ニュートラリティー
2020年までに、製品製造に使用した量と同等量の水を自然に還元すること※1を目指します。 その達成のために、水使用率の改善、水の再利用と排水管理の徹底、そして水資源涵養の取り組みを強化していきます。 ●製造プロセスにおける水使用効率の改善 ●製造プロセスで使用する水の再利用と、自社基準または国内基準のうち厳しい方の基準を採用した排水管理の徹底 ●流域保全計画や地域の水資源涵養に貢献する計画・活動への支援を通して、清涼飲料となる分の水量を育み、工場水源域の水資源を涵養 ※1 日本では2016年末に還元率が115%となり2017年には241%に到達。当初の予定の2000年から4年先行して目標を達成しました
エレクトロン・ビーム殺菌

砺波工場では、洗浄水と薬剤を使わずエレクトロン・ビーム(電子線)でPETボトルの殺菌を行う製造ラインを全世界のコカ・コーラ 工場で初めて導入し、水の使用量を大幅に削減することに成功しました。